エアドゥの法人向け出張予約システムを利用すると立替払いをする必要が無い

大手企業であっても出張の際にかかった経費を立替払いをして、戻ってきた後に手続きをした上で精算をするというような仕組みを取っているところも多いでしょう。もしくは、仮払いをした上で戻ってきた後に調整するという仕組みを取っているところもあるでしょう。どちらにしても、面倒くさい手続きをしないといけないということには変わりがありません。そのため、エアドゥの法人向け出張予約システムを利用することで、こういう手間から逃れることができるわけです。
■立替払いをする時には事前にお金を用意しないといけない
企業によっては出張費などにおいて立替払いを行うわけですが、この場合に現金を自分で用意しないといけないですし、領収書を取る必要だってあるわけです。出張のための準備が取れるというのであれば、仮払いで対応するのもいいのでしょうが、数日前に決定することも少なくありません。そうなると、自分で現金を使って用立てる必要があるわけです。生活費が苦しい時に長距離出張をするとなるとお金がかかってしまいます。
■エアドゥの出張予約システムを導入するといちいち精算する必要が無い
出張費に関しての立替払いでお金がかかる部分と言えば航空券ではないでしょうか。自社がエアドゥの法人向け出張予約システムを導入していたというのであれば、わざわざ立替払いや仮払いをする必要が無いということが言えます。実際の精算は月ごとに一括で行われますので、従業員が苦労をする必要はありません。
■航空券の立替払いをする必要が無い
エアドゥの法人向け出張予約システムを利用することによって、従業員が現金をいちいち事前に用意して出張をしたりするということは無くなります。立替払いをする必要が無いのはありがたいのではないでしょうか。

関連する記事