エアドゥの法人向け出張予約システムを利用して事前座席指定をすると、スキップサービスの利用ができる

エアドゥの法人向け出張予約システムを利用して航空券の予約購入をして、なおかつ事前座席指定をすることによって、スキップサービスの利用をすることが可能になります。スキップサービスはチェックインをしなくても直接保安検査場に行くことが可能なサービスです。ただし、注意をしないといけないことがありますので、その点について説明します。

預け入れる荷物がある場合は事前に手荷物カウンターに行く

スキップサービスを利用するに当たって、預け入れる手荷物が無いという人にとってはとても便利なサービスになるわけですが、手荷物を預け入れるという場合にはそれほどスキップサービスの恩恵は受けられないです。手荷物を預ける時には、手荷物カウンターに荷物を預けてから、スキップサービスを利用してください。

2次元バーコードを事前に表示させること

スキップサービスは本来ANAのサービスだったわけですが、エアドゥはANAの支援を受けているということもあり、スキップサービスを利用することができるわけです。スキップサービスを利用するためには2次元バーコードを表示させる必要があります。
エアドゥの場合はURLが送られるだけで画像までは送られませんので、保安検査場を通過する前に2次元バーコードを表示させて画像を保存することが求められます。きちんと保存しないとURLをクリックするために違う画像に置き換えられてしまいますので注意が必要です。

スキップサービスを利用するために注意をするべきことがある

確かにスキップサービスを利用することによって直接保安検査場に行けばいいので、時間の節約になります。しかし、荷物を預け入れる場合はカウンターに行かなければいけませんし、2次元バーコードを事前に表示させなければいけないなどの注意点があります。

関連する記事